施術を受ける前に

鍼やお灸、マッサージはあなた自身の力で体を元気にするものです。
鍼灸マッサージによって刺激を与えることで免疫反応を意図的に起こさせて、細胞を修復するよう促します。
あなたの持っている力を使うのです。

ですから、その日の体調・体力に合わせた刺激量であることが大切です。
疲れ切ってヘロヘロなときに強い刺激で鍼やお灸をすると、そちらへの反応に貴重なエネルギーを使われて気分が悪くなったり余計に疲れたりします。
カウンセリングでお話を聴いて、体の状態を確認しながら刺激量を決めていきます。
施術を受けられた後は、ゆったりと過ごしてくださいね。

上にも書きましたが、あなた自身の力を使って体を修復しようとしているところへ、楽になったからと無理をしないでほしいのです。

施術後、温かい又は常温のものを飲んでゆったりと過ごし、お風呂に浸かって早めに休む。
ここまでを施術とセットにしてみてください。

そんな過ごし方も、セルフケアであると私は思っています。

体の声を聴いたり
ご自身を大切に扱うきっかけになれたなら、嬉しいです。

変わりたい。
そう思って何かを始めようとされているあなたに、知っておいてほしいこと。

最後まで読んでくださって
ありがとうございます。